不機嫌にっき

不機嫌な気持ちになるのは、3日に1回ぐらいで。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
Monster (18) (ビッグコミックス)
JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 
だいぶ長いことかかりましたが、やっと最終巻まで読みました。
しかし、怖い漫画だ。
最後の町全体が疑心暗鬼に駆られて殺し合いになっちゃうとこなんて、恐ろしい…。
そして何よりラストが怖い。ヨハンいないし!!
どーゆーことなんだ…?浦沢さすがです。
そして、本当のモンスターとは、本当の恐ろしい記憶とは、双子のうち片方を生贄に選んだ母親だったとは…。



ストーリー中に出てくる絵本はオリジナルだと思うのですが、ちょっと怖いけど秀逸。
こういう絵本ありそう。
| 本(作家あ行) | comments(0) | -
中庭の出来事 (新潮文庫)
 恩田陸の最近の文庫は「常野物語シリーズ」だったからあんまり好みじゃなくて買ってなかったんですが、久々にきましたね。
恩田ワールド全開。

外側のお話と、内側のお話(劇中劇と、劇中劇中劇)が繰り返されてるので、読むのに集中力が必要。
最後に素晴らしいカタルシスが得られるだろうと期待して、ひたすら文字を追うのですが、なんとなーく輪郭が見えてきそうでいまいちしっくりこない感じであえなく終了。
うーん。すっきりしない。
結局何が起きて何が起きなかったの??

多分、著者が演劇の要素を取り入れてみたくて書いたんでしょうが、実際台本みたいなつくりになってますが、一番最後に行き着いた世界がどっちなのか、イマイチ解らない…。

とにかくすっきりしない系です。

ユージニアはいいんですよ。
魅惑的な謎が残るのがまたいいんですが、今回のはちょっと納得できない謎。
| 本(作家あ行) | comments(0) | -
ネクロポリス 下 (朝日文庫)
JUGEMテーマ:読書


夢中で読んでました。
この数日間…。

しかし、もっと劇的なラストを期待していたのに、その点で若干拍子抜け。
結局ヒガンもアナザーヒルもなくならず、時代と空間を融合させて存続していく事に。

まあそこに至るまでに様々な事件があるわけで、解説にもあるように「息つく暇もない」。
というかそう!
解説があの萩尾望都さまなのです。

ネクロポリスを萩尾望都がコミック化したら、さぞかし素敵な画になるだろうなあ…。
なんて夢をみてます。
| 本(作家あ行) | comments(0) | -
ネクロポリス 上 (朝日文庫)
JUGEMテーマ:読書


恩田陸の新刊(文庫)〜。

しかもしかも!サイン入りをゲッツしました!
いやーいつの間にうちの店に来たんだろう??と思ったら、版元から送ってきたんだそうです。
なんだー。


まだ半分も読んでませんが、とにかく面白い。傑作の予感ですよ。


死者が還ってくる島、アナザー・ヒル。
そこでは、死者は昼夜を問わず現れると言う。
今年のヒガンは連続殺人事件「血塗れジャック」事件の被害者が還ってくるとあって、人々が殺到。
そのうえ島への入り口である水門の鳥居にまで、同様の死体が吊るされていた。
前代未聞の警察が介入したヒガンで一体何が起こるのか…!


恩田陸のミステリ真骨頂!!
わくわくします。
| 本(作家あ行) | comments(0) | -
私たちは繁殖しているバトル (角川文庫 う 12-51)
JUGEMテーマ:漫画/アニメ

「わたはん」シリーズの文庫版最新刊がでましたー。

例の離婚→事実婚への原因となった「セクハラお父さん」「オレオレお父さん」収録。

4人の子供たちの成長ぶりは相変わらずほほえましく面白い(興味深い)。
しかし嫁姑もそうですが、嫁と舅の関係も難しいですよねー。
いくら息子の妻とはいえ、他人なわけですから立派にセクハラは成立します。
子供に対しても然り。

彼のことは大好きでも、彼の家族や友人も大好きになれるかどうかは別問題なのかも。
淋しいですがしかたないよなー。
| 本(作家あ行) | comments(0) | -
ロミオとロミオは永遠に〈下〉 (ハヤカワ文庫JA)
JUGEMテーマ:読書


ついに新宿クラス送りになったアキラ。
10月10日の「大東京オリンピック」前日の脱走計画に向けて、クラスのメンバー達と周到な用意をしていく。
シゲルは優等生クラスをキープしながらも、姉の死によって卒業総代への目的を失い、大東京学園の存在そのものにも疑問を持ち始める。
全世界が注目するオリンピックの真っ最中についにメモリーズが作動し、少年たちは外の世界へ向かい始める。


最終的にアキラとシゲルは脱走成功者が至ると言われる「成仏」をするわけです。
「成仏」とはまさに物理的な現象であったわけですが、反体制として脱走した者は「成仏」した世界でどう生きるのか??
そこでなにか行動を起こしたら、そもそも脱走なんてしないかもしんなくて…

あーー!パラドックスですよこれは。

しかし、著者も文庫版あとがきで言ってますが、ハッピーエンドに見えて実は複雑に重い。絶望的ですらありますね。
「成仏」できた少年たちは激しいジレンマに陥りそうです。
| 本(作家あ行) | comments(0) | -
ロミオとロミオは永遠に〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)
JUGEMテーマ:読書


引越しして最初にすること。

図書館探し。

早速借りてきて読んでます。
なにせ自前の本はまだ箱の中…。


近未来。人類は新地球へと移民し、汚染し尽くされた地球に残るのは日本人のみ。
膨大な量の化学物質や産廃の後始末を押し付けられ、エリートへの道は唯一つ、最高学府である「大東京学園」の卒業総代になることだった。
熾烈な入学試験をパスしたアキラとシゲルを待っていたのは、過酷な肉体労働と厳重な監視、理不尽な支配の学園生活だった。
やがてアキラは最下級である「新宿」クラスのメンバーと接触し、自分の兄が伝説的な脱走者であった事を知る…。


恩田陸の学園ものは定石だ。王道だと思う。
屈託のない素直で太陽のような少年と、美しく聡明だが影のある少年。
囚われの身の美少女。マイノリティーでありながら、抜群のカリスマ性とリーダーシップの兄貴分。

しかし、この人は残酷な事を考えるのがうまいと思う。
その死に方だけは絶対したくないっ。ってヤツね。
読んでるだけで痛そうで、顔が歪む。w
| 本(作家あ行) | comments(0) | -
象と耳鳴り
JUGEMテーマ:読書


引越し中、箱詰めされた本たちを恨めしそうに睨みながら、活字中毒に勝てず買ってしまった一冊。

しかししかし!!
私とした事が、終盤まで気付かなかったなんて!
本格推理短編集ですが、全編を通じての主要人物 関根多佳雄は、恩田陸のデビュー作、「六番目の小夜子」の主人公 関根秋の父親じゃないか!

年齢の割には背が高く立派な体躯。ツイードの三つ揃いをビシッと着こなし、キャラメルをつまみに酒を呑み、公明正大なようでいて天邪鬼。偉大な元判事のチャーミングな老人。
確かに著者の作品の中でも、魅力的なキャラクターだと思います。

安楽椅子探偵って面白いけど、自分には絶対出来ないな。
| 本(作家あ行) | comments(0) | -
スイートリトルライズ (幻冬舎文庫)
JUGEMテーマ:読書


テディベア作家の瑠璃子と二歳年下の夫・聡。
夫(妻)だけを愛したいのに、お互いに浮気をし合う夫婦の恋愛長編。

他人との距離のとり方や、世間との折り合いのつけ方において不思議に共通した夫婦。
しかし夫は妻の情熱を受け止めきれず、妻は夫に恋焦がれながらも他の男性と奔放に愛し合う。
お互いに裏切り合いながらも、同時にどうしようもなくお互いを愛おしく思い、必要としている二人。


不思議だけれど、なんとなく解ってしまう。

外で何をしていても、どこに出掛けて行っても、同じ家に帰ってくる。
重要なのはその事だと思う。
| 本(作家あ行) | comments(0) | -
木洩れ日に泳ぐ魚
JUGEMテーマ:音楽


同棲生活に終止符を打ち、左右に別れて生きることを決めたヒロとアキ。
明日は引越しで、二人で過ごす最後の夜。
確かめなければならない事。話し合わなければならない事。
―1年前にあの男を殺したのは誰なのか?―

そもそも二人は他人として出会い恋に落ちた。
しかしその運命的な出会いは血のつながりがもたらしたものだった。
幼い内に離れ離れになった双子の兄妹である二人は、失った家族としての時間を取り戻そうと同居を始めるが、次第にやはりお互いに恋愛感情を抱いていることに気付き関係がギクシャクしだす。
最後の記念に白神山地に旅行に出掛ける。
しかしそこで雇った現地ガイドは彼らの実の父親だった。
彼らの存在すら知らないはずの父親は、ハイキングの途中崖から転落して死亡する。
互いに相手の犯行を疑い、最後にそれを確かめようとする二人の息の詰まるような心理戦で物語が進んでいく。


本当に一夜で読了しました。
まさに本の中のシチュエーションと同じ。

息苦しいほどの愛情と欲望、しかし想いを遂げることの出来ないジレンマに抜き差しならなくなった二人は、最後にそれまで話し合うことのなかった忌まわしい事件の真相を明らかにしようとする。
しかしそれによって得られた答えは、神のイタズラとしか思えない残酷。

ずっと室内で二人の会話と回想だけで進むので、最終的な答えも事実かどうかは分からない。
しかし二人の中ではそれで納得できたし、気持ちの整理もついている。
ああ、人生って何て度し難いんだろう。
と思いました。
| 本(作家あ行) | comments(0) | -

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECOMMEND
最愛(DVD付)
最愛(DVD付) (JUGEMレビュー »)
KOH+,福山雅治,井上鑑
Box Emotions
Box Emotions (JUGEMレビュー »)
越智志帆,蔦谷好位置,多保孝一
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode